夏の食を彩るそば猪口(千代口)


■□■夏の食を彩るそば猪口(千代口)■□■


『うつわショップまるちゅ!』の「夏のうつわ特集」としまして、そば猪口(千代口)を50種類ご用意いたしました。

夏の食を彩るそば猪口(千代口)


「そば猪口」(そばちょこ)とは、蕎麦(そば)を食べる時に使う、そばをつゆにつける為のうつわのことです。

「千代口」と書いたり、「ちょこ」ではなく「ちょく」と読んだりもします。ちなみに、正確には「ちょこ」がなまりで、「ちょく」が正式な読みです。

夏の食を彩るそば猪口(千代口)


「猪口」の語源ですが、古く朝鮮陶磁から伝わってきた朝鮮語の言葉のに対する「当て字」で、「猪」にも「口」にも意味はないようです。今から300年以上前の江戸時代から使われているようです。

夏の食を彩るそば猪口・千代口


「なぜこのような形をしているか」にも意味があります。

そば猪口は、基本的には持ち上げて口のそばまでもっていくものではありません。手に持ち持ち上げるのは、そばを食べ終わった後にそば湯を飲む時だけです。

ということで、食卓の上に置かれたままそばを出し入れするのに適した形状になっています。

夏の食を彩るそば猪口(千代口)


具体的には、接地面積が広めで安定性が高い、汁が飛び散らない程度の高さ、片手で扱え手にすっぽり入る大きさ、などです。そこまで考えられたうつわなのです。陶器・食器の世界は中々に奥深い。

夏の食を彩るそば猪口(千代口)


このように、もともとは「そば用陶器用品」として作られたものではありますが、そのデザイン・バリエーションの豊富さや、湯呑に近い「程よい大きさ」により、前菜、酢の物、寒天入れ、フルーツ入れ、ヨーグルト・ゼリー入れ、お菓子入れなど、料理の一品からスイーツまで、さまざまな場面で活躍できる扱いやすいうつわです。

夏の食を彩るそば猪口(千代口)


今回はそば猪口本来の用途以外にも合わせられるよう、モダンなデザインものも含めた多彩な50種類のそば猪口をご用意しました。夏の食生活には何かと役に立つ「そば猪口」。お一ついかがですか?

下をクリックでそば猪口50種類の一覧ページにジャンプします。↓



夏の食を彩るそば猪口(千代口)




夏の食を彩るそば猪口(千代口)



夏の食を彩るそば猪口(千代口)



夏の食を彩るそば猪口(千代口)



※備考:小皿(薬味皿)について


ほぼすべての品で、そば猪口(千代口)と同じ柄の小皿(薬味皿)もご用意できます。お求めの方は、別途お問い合わせくださいますよう お願いします。

カートの中
クレジット決済OK!

クロネコwebコレクト


クロネコwebコレクト


お支払い・送料について
すべて税込価格です。 お買い上げ金額 5,000円以上で送料無料です。

基本送料はお届け地域により、600円〜1100円です。詳細は下記にて。


業者・店舗経営者の方へ
こちらは個人様向けのショップです。卸売のご相談は別途ご連絡ください。

運営会社
株式会社 丸忠
岐阜県土岐市。美濃焼全般、約3万種類の陶磁器を扱っております。

熨斗(のし)・ラッピング

熨斗・ラッピング


ラッピングは¥300、のしはラッピング込みにて¥350です。

のしは文字を設定していただけます。ラッピング紙はグリーン(薄いストライプ)と和紙をご用意しております。

レジでの「配送設定の入力」の際に、ラッピングの設定箇所がございますので、そちらでお申し込みください。

快山窯の専用木箱

快山窯木箱


快山窯の商品に限り、オプションにて印入りの専用木箱をご用意しております。
小さなうつわの場合は5個セットで、中サイズ以上の場合は単品でお申し込みいただけます。

お申し込みの際は、カートに入れる前に、オプションで「木箱セット」をお選び下さい。
※専用の和紙でお包みいたしますので、ラッピング申し込みは不要です。熨斗のみご選択下さい。

木箱の手数料は、
一律1,000円とさせていただきます。カートに入れた際に自動的に加算されております。

木箱は受注後の制作となりますので、
営業日にて一週間程度
お時間をいただきます。ご了承の程、よろしくお願いいたします。